印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


update2017-06-14

みっくマンって何?

 「みっくマン」とは、洲本市社会福祉協議会の公認キャラクターとして、第1次地域福祉推進計画策定の際、住民対象のアンケートやヒアリング調査から「社協って何をしているの?」、「社協の知名度が低い」、「社協を身近に感じてもらえるようなシンボルがない」といった声を多数いただきました。
 そこで、第1次地域福祉推進計画策定委員会において洲本市社協キャラクターの必要性について協議した結果、地域住民から募集することが決まりました。
 そして、25通の応募の中から選ばれたのが洲本市社協キャラクター「みっくマン」です。その後、平成22年2月には、「みっくマン」着ぐるみを作製し、社協PRのため、色々なイベントにボランティア(盛り上げ役)として参加しています。

名前
みっくマン
性別
男性
生年月日
2007年(平成19年)12月27日
所属
洲本市社会福祉協議会
特技
大食い(地域住民の想いをたくさん食べて大きな夢に変えます)
趣味
ボランティア活動
誰もが共に健康で安全・安心に暮らせるまちづくり
活動状況(H28年度)
第9回城下町洲本レトロなまち歩き(H28.4.23~24)
第69回淡路島まつり踊り大会(H28.8.6)
ふれ愛まつり2016(H28.10.9)
ひょうご森のまつり2016(H28.11.6)
ふれあい歳の市(H28.12.24)
第6回すもとマラソン(H29.2.12)
みっくマンの使用について
イラスト画像使用の際は、事前にお問い合せ下さい
申し訳ありませんが、着ぐるみの貸出しは行っておりません  
その他
「ゆるキャラグランプリ2013」に出場し、全国1,580キャラクター中684位(淡路島のキャラクターの中では第2位)
みっくマンの生みの親・イラストレーターちでまるさんのFacebookページ

みっくマン着ぐるみ

undefined

洲本市社協キャラクター
みっくマン

↑↑クリック↑↑